口コミ人気のギフト・プレゼント・贈り物

[お祝いのギフト] ギフトの贈り方とマナーについて


TOP→[お祝いのギフト] ギフトの贈り方とマナーについて


[お祝いのギフト・贈り物]

贈り物の時期や掛紙(かけがみ)の体裁は地域で違いがある場合があります。

■結婚お祝い
式や披露宴に招待された場合は、出欠に関わらず何らかのお祝いを贈ります。
一般的には挙式1週間前位までに贈るのがマナーですが、出席者で事前にお渡しする機会がなかったりお届けが間に合わない場合は、当日受付に渡しても良いでしょう。
金封の場合は現金をご祝儀袋に入れて受付に渡しますが、品物の場合は目録のみを受付に渡し後日品物を届けます。

掛紙(かけがみ)の体裁
表書き:寿
の し:あり
水引き:紅白または金銀10本結び切り
お名前:名入れを連名にする場合、右側が目上の人になります。


■出産お祝い
命名日(お七夜)から生後3週間位までに贈ると良いでしょう。
遅くとも生後1ヶ月以内に贈りましょう。

掛紙(かけがみ)の体裁
表書き:御出産御祝
の し:あり
水引き:紅白5本蝶結び
お名前:贈り主が個人の場合は一般的に姓のみを書きます。


■お宮参り
生後初めて氏神様に参拝する初宮参りを一般にお宮参りといいます。
お宮参りの日は地方によって異なり、生後50日目とか100日目とかいうところもありますが、
多くは生後30日目前後で、男児生後30日目・女児生後31日目あるいは男児生後31日目・女児生後32日目に行っています。

掛紙(かけがみ)の体裁
表書き:御祝
の し:あり
水引き:紅白5本蝶結び
お名前:贈り主が個人の場合は一般的に姓のみを書きます。


■初節句
赤ちゃんが生まれて初めて迎える節句(※)を「初節句」といい特に盛大に祝います。
節句の1週間前から当日に贈ると良いでしょう。
※女児=桃の節句(3月3日)、男児=端午の節句(5月5日)

掛紙(かけがみ)の体裁
表書き:御祝
の し:あり
水引き:紅白5本蝶結び
お名前:贈り主が個人の場合は一般的に姓のみを書きます。


■七五三
日ごろお世話になっている方へ、新年の挨拶として贈ります。
直接相手のお宅にご挨拶に伺う年始回りは松の内(関東地方では7日、関西地方では15日)までに済ませるのが一般的です。
お届けの場合は15日までに届くようにするのが良いでしょう。
年賀の挨拶ができなかったときには、「寒中御見舞」として松の内を過ぎて節分までの間に贈りましょう。

11月15日3歳の男女児と、5歳の男児、7歳の女児を連れて氏神様に参拝し、子供の成長を感謝し将来の幸せを祈る行事です。
御祝いは11月1日から15日までに贈るとよいでしょう。

掛紙(かけがみ)の体裁
表書き:御祝
の し:あり
水引き:紅白5本蝶結び
お名前:贈り主が個人の場合は一般的に姓のみを書きます。


■入園・入学お祝い
入園・入学式を迎える1ヶ月前までに贈ります。
卒業と重なる場合は、入学・進学の方にお祝いの重きを置いて、卒業祝いを省略するのが一般的です。

掛紙(かけがみ)の体裁
表書き:御祝
の し:あり
水引き:紅白5本蝶結び
お名前:贈り主が個人の場合は一般的に姓のみを書きます。


■賀寿お祝い
60歳以上の長寿のお祝いです。
地方によっても異なりますが、通常は数え年で計算します。

お祝い 年齢
還暦  数え年61歳
緑寿  数え年66歳
古稀  数え年70歳
喜寿  数え年77歳
傘寿  数え年80歳
米寿  数え年88歳
卒寿  数え年90歳
白寿  数え年99歳
紀寿または百寿  数え年100歳
上寿  数え年100歳以上
茶寿  数え年108歳
皇寿  数え年111歳

掛紙(かけがみ)の体裁
表書き:御祝
の し:あり
水引き:紅白5本蝶結び
お名前:贈り主が個人の場合は一般的に姓のみを書きます。


■結婚記念日
イギリスで始まった習慣です。
記念日は下記のようにたくさんありますが、主だったものは◎印の記念日となります。

1年目 紙婚式
2年目 ◎綿婚式
3年目 ◎革婚式
4年目 花婚式
5年目 ◎木婚式
6年目 鉄婚式
7年目 ◎銅婚式
8年目 青銅婚式
9年目 陶器婚式
10年目 ◎錫婚式
11年目 鋼婚式
12年目 絹婚式
13年目 レース婚式
14年目 象牙婚式
15年目 ◎水晶婚式
20年目 磁器婚式
25年目 ◎銀婚式(紀婚式)
30年目 ◎真珠婚式
35年目 ◎珊瑚婚式
40年目 ◎ルビー婚式
45年目 ◎サファイア婚式
50年目 ◎金婚式
55年目 エメラルド婚式
75年目 ◎ダイヤモンド婚式

掛紙(かけがみ)の体裁
表書き:御祝
の し:あり
水引き:紅白5本蝶結び
お名前:贈り主が個人の場合は一般的に姓のみを書きます。


■ビジネス・昇進お祝い
役職が上がる場合は昇進、取締役や社長・会長などの役職に就く場合は就任といいます。
また、例えば常務から専務取締役になるような場合には、昇格といいます。
栄転は地位が上がって転勤する人に使いますが、必ずしも栄転と言えない場合の転勤については「御餞別」として贈るとよいでしょう。

掛紙(かけがみ)の体裁
表書き:御祝
の し:あり
水引き:紅白5本蝶結び
お名前:贈り主が個人の場合は一般的に姓のみを書きます。


■退職のお祝い
社会や家族のために長年勤めた労をねぎらい、感謝の意味をこめて贈ります。
基本的に返礼は不要ですが、お礼の手紙を送るとよいでしょう。

掛紙(かけがみ)の体裁
表書き:御祝
の し:あり
水引き:紅白5本蝶結び
お名前:贈り主が個人の場合は一般的に姓のみを書きます。


■開店・開業のお祝い
親しい方が事業を始めたときは、まず顔を出すか、手紙で祝い励ましてあげたいものです。
さらに、開店・開業の披露に招待された場合は、できるだけ出席しましょう。

掛紙(かけがみ)の体裁
表書き:御祝
の し:あり
水引き:紅白5本蝶結び
お名前:贈り主が個人の場合は一般的に姓のみを書きます。


TOPページに戻る

Copyright (C) 2019 口コミ人気のギフト・プレゼント・贈り物 ネット通販サイト All Rights Reserved.