口コミ人気のギフト・プレゼント・贈り物

[弔事]ギフトの贈り方とマナーについて


TOP→ギフトの贈り方とマナーについて


[弔事]

贈り物の時期や掛紙(かけがみ)の体裁は地域で違いがある場合があります。

■お礼・お返し

香典返し

仏式においては、お香典やお供物をいただいたところへは、忌明け(※)の挨拶状と共にお返しの品を送ります(香典返し)。
ご逝去後35日目または49日目
神式においては、お香典をいただいたところへは、忌明け(※)の挨拶状と共にお返しの品を送ります(香典返し)。
キリスト教においては、原則的には返礼の習慣はありませんが、日本では仏式・神式に準じて追悼ミサ・記念式(※)終了後に贈ります。
追悼ミサ=カトリック、記念式=プロテスタント

掛紙(かけがみ)の体裁
志「仏式」(黒白水引) ※主に関東地区

表書き:志
仏式の掛紙です。
遺族からお礼の気持ちとしてお品物を渡す場合にご利用ください。
例:遺族からのお礼、通夜や葬儀の当日参列者へ渡すお礼、お寺や僧侶への読経のお礼、お手伝いをしてくれた人へのお礼(通夜・葬儀・法要)、法要の参列へのお礼、香典返しなど
の し:なし
水引き:黒白5本結び切り
お名前:贈り主が個人の場合は一般的に姓のみを書きます。

志「神式・キリスト教式」(黒白水引)

表書き:志
神式・キリスト教式の掛紙です。
遺族からお礼の気持ちとしてお品物を渡す場合にご利用ください。
例:遺族からのお礼、通夜や葬儀の当日参列者へ渡すお礼、お寺や僧侶への読経のお礼、お手伝いをしてくれた人へのお礼(通夜・葬儀・法要)、法要の参列へのお礼、香典返しなど
の し:なし
水引き:黒白5本結び切り
お名前:贈り主が個人の場合は一般的に姓のみを書きます。

満中陰志(黄白水引)※主に関西地区

表書き:満中陰志
関西地方では、香典返しの表書きは「満中陰志」が一般的です。
遺族からお礼の気持ちとしてお品物を渡す場合にご利用ください。
例:遺族からのお礼、通夜や葬儀の当日参列者へ渡すお礼、お寺や僧侶への読経のお礼、お手伝いをしてくれた人へのお礼(通夜・葬儀・法要)、法要の参列へのお礼、香典返しなど
の し:なし
水引き:黄白5本結び切り
お名前:贈り主が個人の場合は一般的に姓のみを書きます。

粗供養(黄白水引)※主に関西地区

表書き:粗供養
施主から参列者へ引き物を渡す場合、ご利用ください。
の し:なし
水引き:黄白5本結び切り
お名前:贈り主が個人の場合は一般的に姓のみを書きます。


■お供え
お供え
仏式においては、故人へのお供えとしては、祭壇に「線香・果物・菓子折落雁」などを持参することが多く、仏式の場合「生もの」はお供えしません。
祭壇に供えるものなので、通夜・葬儀の前日までには届くようにします。

「香典」は香に代える金銭という意味です。
本来は故人に手向ける花や供え物の代わりですから、霊前に直接供えるべきものですが、現在では通夜・告別式などの受付か遺族の前に差し出すことが多くなりました。
香典袋はむき出しにしないでできるだけ袱紗に包んで持参し、差し出すときに袱紗から出します。
金封の場合の表書き:御霊前・御香典・御霊前
供物の場合の表書き:御供
忌明けの納骨までが御霊前、以後は御仏前とすることが一般的です。
会社名義などで金品を供える場合は「御弔料」「御弔典」
神式では、供物として「鮮魚・野菜・果物・酒」などが使われますが、重なることを避ける意味でも一般的には現金がよいでしょう。

神式では、仏式と異なり香を使わないので香典とはいわず「玉串料」「御榊料(やや高額の場合)」などといいます。
なお、仏式で使う蓮の花の袋は使いません。
金封の場合=御玉串料・御榊料・御霊前
供物の場合=御供
キリスト教においては、カトリックの場合祭壇への供物は一切供えません。
また、プロテスタントの場合は、生花のみが供えられます。
一般的には現金がよいでしょう。
金封の場=御ミサ料(カトリック)/御花料・御霊前(プロテスタント)
お盆とは、仏教の「盂蘭盆会(うらぼんえ)」を略したもので、お寺では施餓鬼供養が営まれ、祖先の追善供養も同時に行われます。
家庭では帰ってくる祖先の霊を迎えて供養します。
ご新盆は初めてのお盆のことで、特に手厚く供養するため、精霊棚を設け、新しく盆提灯を飾ります。

掛紙(かけがみ)の体裁

御供(黒白水引)
表書き:御供
通夜・葬儀・法要で参列者が供物を供える場合などにご利用ください。
例:通夜・葬儀で供物を供える、法要のお供え、身内や知人の家を訪問する際の仏壇へのお供え、お盆のため訪問する際のお供えなど
の し:なし
水引き:黒白5本結び切り
お名前:贈り主が個人の場合は一般的に姓のみを書きます。

御供(黄白水引)※主に関西地区

表書き:御供
通夜・葬儀・法要で参列者が供物を供える場合などにご利用ください。
例:通夜・葬儀で供物を供える、法要のお供え、身内や知人の家を訪問する際の仏壇へのお供え、お盆のため訪問する際のお供えなど
の し:なし
水引き:黄白5本結び切り
お名前:贈り主が個人の場合は一般的に姓のみを書きます。



■その他
病気見舞い
花の場合は、香りの強い花は避けるほか、鉢物は寝(根)つく、椿は首が落ちるように花が落ちる、シクラメンは死苦らめんに通じることからお贈りしません。
また、病気によっては食事制限があることから食品は避けた方が無難です。
しかし、ケガなどの外科や、食事制限のない病気などの場合は、滋養を考えて贈るとよいでしょう。

快気内祝い
お見舞いをいただいた方には、治癒したことの報告と感謝の意味を込めて快気祝いを贈ります。
完治せずに退院した場合は、「御見舞御礼」として贈ります。

掛紙(かけがみ)の体裁
表書き:快気内祝
の し:あり
水引き:紅白5本結び切り
お名前:贈り主が個人の場合は一般的に姓のみを書きます。


TOPページに戻る

Copyright (C) 2019 口コミ人気のギフト・プレゼント・贈り物 ネット通販サイト All Rights Reserved.